これから


 
子ども教育支援建築会議の全体会議・シンポジウムを開催します。
建築・まちと子どもの学びについて、活動報告・講演・討論を通じて、課題や手法を考える場であり、会員内外の交流を目指しています。

日時:2018年6月12日(火)13:00~17:00
会場:建築会館ホール(東京都港区芝5-26-20)
参加費:無料

「学校は大きなおうち」と題した基調講演を、建築家・工藤和美氏にしていただきます。その後、早稲田大学教授・高口洋人氏を司会に、工藤氏に建築家・古谷誠章氏と山形大学教授・佐藤慎也氏が加わり、「身近な学校空間を教材にする可能性と専門家の役割」についての討論を行います。
また、支援建築会議会員の活動報告として、ポスターセッションを含めた発表の場も企画しています。

参加や問い合わせなどの詳細は、チラシをご覧ください。
支援建築会議会員外、学会会員外の方も、奮ってご参加ください。

 


 

子ども教育事業部会では、今年度も「子どものまち・いえワークショップ提案コンペ」を実施します。

審査委員長は山梨知彦(建築家、日建設計常務執行役員)、審査員は植田実(編集者、建築評論家)、中津秀之(関東学院大学工学部建築学科 准教授)、角館政英(照明家、ぼんぼり光環境計画代表)、遠藤幹子(建築家、マザー・アーキテクチュア、office mikiko)です(すべて敬称略)。

まずは、登録締切の5月18日までに応募票をmishima@aij.or.jpまでお送りください。書式はhttp://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2018/kodomocompe2018.zipよりダウンロードしてください。

学生のみなさん、ご応募をお待ちしております!