「子どものまち・いえワークショップ提案コンペ」が始まってから、今年で10周年!
それを記念して、いくつかの記念コンテンツを公開してまいります。

第一弾企画として、これまでの最優秀賞受賞者にオンラインにてインタビューを行いました。
社会人となった今、学生時代にこのコンペに参加したことや実際にワークショップを運営されたことが経験としてどのように活きているのか、後輩へのメッセージも掲載されております。
ぜひ参考にしてみて下さい!

受賞者インタビュー その1
2019年度最優秀賞「なりきりすごろく」/小山朝子さん(当時、東京理科大学大学院修士1年)